10年落ちの車でも高額買取は狙える!

 


出典:イラストAC

どうもー!サトルです。

今日は古い車を高く売る方法をお話します。具体的には10年落ちの車です。

工夫を凝らせば10年経過した車でも、ある程度の値段で売ることが可能です。

というのも、それだけ古い車となると価格が付かないことが一般的です。低価格で下取りする方が殆どではないでしょうか。

かく言う私の車も、今年で5年間乗っています(汗)。10年落ちではありませんが、古い車には違いありません。高額買取を狙いたいものです。

10年落ちの車でも買取金額UPに向けて

古い車を高く売る方法はズバリ、車の一括査定を利用することです。

車が古い場合は下取りを利用しがちですが、それはNGです。下取りでは幾らにもなりませんよ!

なかには、「そんな古い車を一括査定に出してもいいの?」といった質問がありそうですね。

条件さえ揃っていれば、古くても高額買取は十分にあり得ます。まずは一括査定の利用を絶対に頭に入れてください。

10年落ちでも値段が付く理由

10年落ちの車に(値段がつかないorタダみたいな値段になる)理由は、各パーツの劣化にあります。

約10万キロメートルの走行距離で大体のパーツに不具合が出ます。

では、逆に考えるとメンテナンスの行き届いた車はどうでしょう?もちろん高く売れます。

走行距離の少ない車ですと、年数は問題ありません。

もう1つ知ってほしいことがあります。日本車は海外で大人気です。需要はむしろ海外にあります。

よって日本での評判を気にしては高額買取は狙えません。

参考までに、メンテナンスの行き届いた車の場合、海外では50万キロメートル走ったとしても買取金額が付きます。

どうでしょうか。年数に関係無く高額買取を狙いましょう!